サントリー武蔵野ミニブルワリー 限定醸造ビール 無濾過仕立てを飲んできました!

ビール

更新日: 2014年08月02日
サントリー無濾過

サントリーの武蔵野ビール工場と言えば、毎日ビール工場見学できることで有名。

この工場内で、限定醸造のビールが飲めると聞いて行ってきました。

そのビールとは、「無濾過仕立て」。さて、どんなビールなんでしょう。

工場見学ツァー

武蔵野ビール工場は、JR府中本町駅から徒歩10分の場所に位置します。

京王線分倍河原駅からはシャトルバスが出ています。今回は、徒歩を選択。

あらかじめ、電話かインターネットで予約をしておいて、工場の受付で見学する旨を伝えます。ロビーに集まったら、3階に移動してツァー開始。最初は、ビール造り全体を説明したビデオを見ます。その後は、全員で移動して、ガイドの女性の説明を聞きながら移動。僕の時は30名ぐらいでした。

まずは、水の説明。

DSCF3227

地下水を汲み上げて使っているとのこと。これは、その説明モデルです。

次は麦の説明。厳選された二条大麦を使っています。

DSCF3231

係員の方が、麦芽を手に置いてくれるので囓ってみます。

DSCF3223

これが、甘いんですね。特に、口の中で囓れば囓るほど、甘いです。

次は、ホップの説明。

DSCF3234

ホップは、係員が瓶に入れたホップを回してくれて、匂いを嗅ぐことができます。

小学生が、「臭い!」と、言っていましたが、確かに子供にとっては、そんな匂いですね。ホップのペレットって。(^^;

次は、タンク見学に移動。

DSCF3239

煮沸、発酵タンク等を見学したら、貯酒タンクがある場所へ移動。貯酒タンクには面白い仕掛けがあるのですが、これは工場見学時のお楽しみに。(^_^)

最後は、缶詰め、箱詰めなどを見学して、ツアー終了。およそ40分~45分くらいです。

ビール試飲

いよいよ、ビールの試飲です。大きなテーブルと椅子が並んでいる広々としたホールでビールが3杯試飲できます。

DSCF3249

まずは、プレモルを1杯。

DSCF3251

プレモルは、好きなビールなんですが、この工場で飲むと、まるで別なビールのように感じてしまいます。それほど、美味い!

ベールを1枚も2枚も剥ぎ取ったかのように、香りも、苦みも、ボディも、すべてに渡って鮮烈です。

これは、是非、プレモル好きな人も、そうで無い人も、ビール好きなら体験して欲しいですね。

次は、今日の目当ての「無濾過仕立て」。

DSCF3253

いい色です。プレモルよりも、ちょっとカッパー(銅色)がありますね。泡も素晴らしい。

香りは、ホップの爽やかさと、その裏側に薄くカラメルのような甘さを感じます。

口に入れると、厚みのあるボディ感と、適度な苦み、存在感を示しながら、喉を落ちていきます。

アフターに、しっかりとした味わいが残ります。このビールは、しっかりと味わいつつも、お代わりしたくなります。

願わくば、なにか、料理と一緒に飲んでみたかったですね。きっと、料理と合わせたら、別な面が見られたと思います。

「無濾過仕立て」の説明文はこちら。

DSCF3256

  • サントリー武蔵野ビール工場のミニブルワリーだけで限定醸造。
  • ダイヤモンド麦芽を贅沢に使用。欧州産アロマホップ 100%使用。
  • 「トリプルデコクション製法」「低温発酵・長期低温熟成」「無濾過」
  • 製造~保管~お客様まで、すべて10℃以下での管理。

「無濾過仕立て」の提供期限は、いつまでとハッキリは決まってないようです。でも、2014年8月中は、提供できるかもしれないとのこと。

サントリー武蔵野ビール工場は、見学ができて、最後にはおいしいプレモルと、限定醸造のビールが飲める素敵な場所です。

まだ、行かれたことが無いビール好きには、是非おすすめします。(^_^)

サントリー武蔵野ビール工場 公式サイト


 

« »

 
Translate »