クラフトビールはいつブレイクしたのか? Google トレンドによる答えとは!

広報・お知らせ

更新日: 2015年04月24日
Googleトレンド

「クラフトビール」という言葉を、本当に良く聞くようになりました。

マスメディアも、以前は、「クラフトビール(地ビール)」などとカッコ付きで書くことが多かったのですが、最近では、単に「クラフトビール」と表記されることが普通になりつつあります。

僕がこの「クラフトビール東京」というサイトをオープンした2011年10月時点では、業界の方やビアマニア以外には、「クラフトビール」という言葉を聞くことはありませんでした。

では、いつから、クラフトビールという言葉はブレイクしたのでしょうか。それには、様々な分析方法があると思いますが、今回は、「Google トレンド」 で見てみることにします。

「Google トレンド」とは、キーワードの検索ボリュームを時系列で表示するサービスです。

まずは、データを見てみましょう。

Googleトレンド_データ

2010年2月から2015年2月まで、3ヶ月毎のデータをプロットしてみました。

ハイ、一目瞭然ですね。2014年8月が転換点でした。

最初は、ゼロに近かった「クラフトビール」が徐々に増えていき、2014年8月の時点で「地ビール」と並びました。それ以降は、クラフトビールの検索ボリュームが上回っています。

つまり、

「クラフトビールはいつブレイクしたのか?」

という設問にたいしての、ひとつの答えは

「2014年8月」

なのでした。

面白いのは、地ビールというキーワードのトレンドは一定していることですね。地ビールのトレンドは変わって無くて、そこにクラフトビールが乗っかり、足し算になって、「地ビール+クラフトビール」で、市場のパイが大きくなってる気がします。

いやぁ、クラフトビールは、熱いムーブメントになってますね。(^_^)

Google トレンド 生データ


 

« »

 
Translate »