和の馨るエール「馨和 KAGUA」 Rouge を飲みました。

ビール

更新日: 2012年05月05日

今回、紹介するのは、以前から飲みたいと思っていた【和の馨るエール「馨和 KAGUA」 Rouge 】です。

先日、麦酒男・タカバシさんの主催の「春のビールミーティング2012」が開催されました。100人以上の方が参加して、とっても大盛況で、素晴らしく楽しいビアパーティでした。タカバシさん、参加された皆さまありがとうございました。

さて、そのビールミーティングに、ブリュワーさんとして参加されていたのが、日本クラフビールさん。3月に、発売を開始したばかりの、新進気鋭のブリュワリー。以前から、お名前はうかがっていて、是非、飲んでみたいと思っていました。

※なお、このサイトの「東京新聞に「クラフトビール」という言葉が掲載されました。 」という記事で紹介されているのが、日本クラフトビールさんです。

 

「馨和 KAGUA」 Rouge

 
今回、飲んだのは、「馨和 KAGUA」 Rouge です。日本クラフトビールでは、Rouge と Blanc の2種類を販売しています。
とてもお洒落です。瓶の形もラベルも、統一感があって、ビールの中身をデザインで表現している感じがします。
王冠を開け、グラスに注いでみます。今回は、リーデルの大ぶりなワイングラスを使います。
 
色は赤みを帯びていて、濃いです。グラスに鼻を入れ、香りを嗅ぐと、とてもスパイシー。スパイスの香りといっても、どこか懐かしい香り。
そう、山椒です。刺激的な和風の顔。口に含むと、スパイシーな香りにバランスした苦みがやってきます。そして、しっかりしたフルボディのモルトの旨み。
これらが渾然一体となって、このビールを飲んだ人間を幸せにしてくれます。幸せな気持ちのまま、飲み干し、喉をビールが通っていった後、一拍置いて、山椒の香りのエッセンスがアフターとしてやってきます。これで、幸せなビール、「馨和 KAGUA」 Rougeの完成。思わず、目を閉じて、余韻に浸ってしまうことでしょう。
 
和のテイストを高い次元でクラフトビールに結実させた【和の馨るエール「馨和 KAGUA」 Rouge 】は、飲んでみないと、今のクラフトビール・トレンドを語れないとも云える、クラフトビール好きには必飲のビールです。おすすめです。
 

日本クラフトビール株式会社

http://www.nipponcraftbeer.com/

  ※画像をクリックするとWebサイトが閲覧できます。


 

« »

 
Translate »