ビール好きの女子と仲良くなるデートプラン:男子限定記事

レポート

更新日: 2012年10月30日

この記事は、男子限定! 女子は、読まないでね。

本当に本当にここから先は男子限定で!

 

 

 

よっしゃ、ここから先は女子は居ないということで、男子へ向けて書きますよ。(^_^)/

 

まず、これを読んでる君が気になる女子の、

  • 「実はビールが好きだった」
  • 「ワイン好きだが、雑誌を読んで、最近ビールも気になっているらしい。」
  • 「アルコールはなんでもいける。ビールも好き。」

なんていう情報が入ってきたとしよう。これは、仲良くなるきっかけに使うしか無いよね。この記事を読んでるということは、少なくとも君は、ビールにかなり関心が強くて、詳しいはず。得意分野で勝負しよう。(^_^)/

そんな君に、授ける作戦が、

  • 「3つの店舗で成功するストーリー」

だ。これから、3つのクラフトビールが飲める店舗を紹介していきます。女子の心理を考え、ストーリーを持って、おすすめの順番でデートに誘えば仲良くなれること間違いなし。

(イヤ、ソンナワケナイケド。(ヾノ・∀・`)ナイナイ )

ま、少なくとも、アレだ。ゴホン。成功のイメージは大切ってことです。これから、3つのターンを紹介していくので、この順番で行ってください。どうしてかというと、それは本文に書いてあります。

長いリードは終わり。では、お店紹介行きます。

ターン1:ティー・ワイ・ハーバー ブルワリー (T.Y. HARBOR BREWERY) [天王洲アイル]

まずは、初回のデート。君が、その女子と連絡がついて、「美味しいビールを飲み行きませんか」と誘って、運良くデートのOKをもらったとしよう。行くお店は、ここ。

さて、誘われた女子の気持ちを考えてみよう。まだ、初めてのデートだから、君のこともそんなに知らないし、警戒感があるはず。また、空間が狭いところで過ごすには、まだまだ気持ちも慣れてないはず。

思いっきり開放的な空間で、女子の気持ちをほぐしていこう。そのためには、天王洲アイルというお洒落なロケーションにあり、レストランは倉庫を改造したために、天井が高い広々とした空間を持つ、「ティー・ワイ・ハーバー ブルワリー」がおすすめ。さらに、ティー・ワイ・ハーバーには、すぐ目の前が東京湾になっている、オープンテラスの席があるので、この席を予約しよう。

これで、彼女は開放的な気持ちでゆったりした気分になることができ、君の話にも耳を傾けてくれるはずだ。そして、もちろん、ここはレストランと同じ場所で醸造をしている美味しいビールがあるので、二人で乾杯すれば、楽しくなること間違いなし。

予約は、夕方、徐々に暗くなる頃がおすすめ。最初はほのかに明るくて、徐々に暗くなっていく東京湾を眺めながら、二人で語り合えば、暗くなるほど仲が深まるはず。予約をする時、日没の時間まで把握しておいてね。それが、成功の秘訣です。

これで1回目のデートは成功。(ということに、させてください。)

2回目のデートの誘い方だけど、

「T.Y. ハーバーさん、美味しかったでしょ。でも、今、日本ではたくさんのブルワリーがクラフトビールを作ってるんだ。今度は、いろいろなブルワリーさんのビールが飲めるお店に行ってみない。」

というのがベスト。1回目のデートで好感をもった彼女は、絶対OKしてくれるはず。(ということに、させてください。)

そして、次は、「ヒソヒソ作戦」でいこう。(ナンジャ、ソリャ)

ターン2:クラフトビアマーケット 神保町店 (CRAFT BEER MARKET) [神保町]

2回目のデートはここ。

クラフトビールが、常時 30種類、480円の均一料金で飲める大人気のお店です。 この「大人気」というところがポイント。

クラフトビアマーケットは、30種類の美味しいクラフトビールはもちろん、内装もキレイで、接客も感じが良くて、料理が美味い。女子にウケるポイントはバッチリ。

予約するときのポイントだけど、入り口を入って左にあるカウンターか、奥にある同じように壁に向かって付いているカウンター席を取ることが大事。これが「ヒソヒソ作戦」の要なので外さないように。

言うまでも無いことだけど、事前にクラフトビアマーケットには何回か足を運んで、お店の様子とスタッフの顔を覚えておくこと。下見って大事だよね。

さて、予約を入れておき、お目当ての席に座ります。今回は、入り口を入ったところのカウンターという事にしましょう。

ビールは30種類あって、スタイル別に並んでいるので、彼女に聞かれたら、シンプルに答えてあげよう。くれぐれも、グダグダに長くなりすぎないように。そして、もし、彼女に

「選んで」

と言われたら、その日のビールで、1杯目から3杯目くらいまでの、ビールのストーリーも頭の中で組み立てておこう。ビールに詳しい君だから、これは簡単だよね。

ビールと食べ物を注文したら、「ヒソヒソ作戦」の始まりだ。

クラフトビアマーケットは、最初に書いたように、非の打ち所が無いいいお店です。しかし、一点だけ、人気店であるがゆえの特徴があります。それは、

「周りの音がやや大きい」

ということ。いつも席は満杯だし、ビールを飲んで皆さん楽しく、たくさんお話ししてるので、二人が並んで座っていても、お互いの声が聞こえづらい。そこで、話しを聞き取ろうとすると、必然的に二人の距離は縮まり、周りにたくさんの人が居ようと、二人だけで「ヒソヒソ」話しているような形になります。これが、「ヒソヒソ作戦」。物理的な距離が縮まると言うことは、心理的な距離も縮まるということ。

美味しい料理とクラフトビールを飲みながら、ヒソヒソと顔を近づけて話せば、親密感を増すこと間違いなし。

これで2回目のデートも成功。(ということに、させてください。)

3回目のデートの誘い方だけど、

「実はね、銀座に美味しいクラフトビールだけじゃ無くって、ものすごーく柔らかくて美味しいかき氷を食べさせてくれるんだ。行ってみない。」

と誘ってください。美味しいかき氷と聞いて、断る女子はまず居ません。しかも、ビールに組み合わせるという意外性に驚くはず。

これで、3回目のデートは決定です。(ということに、させてください。)

そして、次は、「ストロー作戦」でいきますよ。

ターン3:麦酒屋 るぷりん (ビールヤ ルプリン) [銀座]

3回目のデートはここ。

銀座4丁目の交差点から、徒歩4~5分の距離。大通りから2本通りを入ったところにある目立たないビルの3階。おそらく、何も知らずにフラッと入ることは無いと思う。ここに来る人は、クチコミだったり、雑誌やネットの記事などを見てくる人ばかり。ビルは目立たないので、隠れ家的要素が強いお店。エレベーターで3階にあがり、お店のドアをくぐると別世界になっているので、絶対、彼女も驚くはず。ここも人気店なので、予約は必須。そして、予約するときは、カウンター席では無く、窓際にあるテーブル席を予約して下さい。

ここは、こじんまりとしていて、とても静かです。インテリアは、シンプルでいて品が良く、クール。3回目ともなれば、彼女もこういうコンパクトな空間のお店でも抵抗感は無いはず。

クラフトビールは、常時6種類。料理は若手料理人が精魂込めて作っているので非常に旨い。

まずは、クラフトビールで乾杯しましょう。美味しい料理もね。

ここは、女子にとって、とても居心地の良い空間なので、きっと彼女も上機嫌です。

さて、ビールと料理が終わったら、ここからが、今日の作戦開始です。

るぷりんの名物、かき氷を注文しましょう。るぷりんでは、かき氷を注文してもすぐには出てきません。まずは、氷を緩めます。

徐々に氷が汗をかいてきて、だんだん緩んできます。それで初めてかき氷器にかけるわけです。

そして、ここのセールスポイントは、シロップに非常に凝っていること。メロンや桃は、生の果実をすりつぶしたり、ゴロゴロ入っています。

これが、とっても美味しい。女子に合わせて、桃を注文してみましょう。来ました~。

このかき氷が、もうふわっふわっで、しかもシルキー。絹のような滑らかさ。素晴らしく幸せな気持ちになります。

二人でこれを食べましょう。だんだん食べていくと、器にシロップと氷の溶けた水が残りますが。これがまた美味なんです。

ここで、お店からは、余すところなく楽しむために、「ストロー」が出てきます。ストローで最後の美味しいシロップを吸います。

二人でひとつのシロップを吸うことになるので、距離感が縮まること確実。彼女が嫌がらなければ、あなたに好感を持っている証拠です。

(いや、ただのかき氷好き、という疑念は残りますが。\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コッチニオイトイテ)

さぁ、気持ち良くお店を出ましょう。

ここで、ひとつアドバイス。るぷりんへ行くには、エレベーターで移動します。1階のエレベーターホールは、割と狭くて暗いので、下に下りたら、

「危ないよ」

と言って、手を握って支えてあげましょう。彼女が嫌がらなかったら、そのまま銀座で散歩。もう一軒行くも良し、散歩しながら帰るも良し。君次第です。成功を祈る!

あとがき

さて、3回目のデートが成功したら、あとは無限の可能性が。このサイトだけでも70軒のお店が登録されているので、よりどりみどり。好きなお店に行ってみてください。

なお、デートに誘ってはみたものの、彼女のほうが詳しかった、なんていうことは十分ありそうなので、勉強は怠りなく。

好きな女子と楽しいデートができることと、このサイトでそのお手伝いができることを祈ってます。

(最後だけ、真面目だ。)

 

では、また、次回お会いしましょう。(って、次回ってあるの?)

お店情報

ティー・ワイ・ハーバー ブルワリー (T.Y. HARBOR BREWERY) [天王洲アイル]

クラフトビアマーケット 神保町店 (CRAFT BEER MARKET) [神保町]

麦酒屋 るぷりん (ビールヤ ルプリン) [銀座]


 

« »

 
Translate »