HIGHBURY – THE HOME OF BEER (ハイバリー ザ・ホーム・オブ・ビア) [新宿御苑前] – ソーンブリッジとヱビスとウルケルが最高にうまい!

新宿・代々木・阿佐ヶ谷・高円寺・中野坂上・荻窪・幡ヶ谷

更新日: 2016年11月24日
highbury LOGO

皆さんは、イギリスといえば、何を想像するでしょうか。イギリスの、サッカーとビールに魅せられたオーナーが、とことんこだわり尽くして作ったお店が新宿御苑前の「HIGHBURY – THE HOME OF BEER (ハイバリー ザ・ホーム・オブ・ビア)」。

「HIGHBURY」は、ロンドン北部をホームタウンとするプロサッカーチクラブ「アーセナルFC」が以前使っていたホームスタジアムの愛称。オーナーの安藤耕平さんは、アーセナルが好きなあまり、現地に応援に行き、イギリスのエール(ビール)にハマってしまったとか。

まずは、お店を見てみましょう。地下鉄宿御苑前駅から徒歩2分、新宿三丁目駅から徒歩7分ほどの場所にあります。

ファサード(お店の外観)はこちら。

XE200416

外観からして、イギリスの香りが強いのですが、中に入ってみましょう。目の前にドーンとカウンターがあります。

XE200432

ここでビールが注文できます。ちょっと、ちょっと分りづらいので、奥から見てみましょう。

XE200522

実はこのカウンターには、安藤さんのすごいこだわりが詰まってます。ロンドンで最も著名なパブである「The WHITE HORSE(ザ ホワイト ホース)」のカウンターを忠実に再現しているのです。ホワイトホースに魅了された安藤さんが、同じカウンターを日本で実現するため、現地のカウンターをなんと自ら100ヵ所以上にわたり細かく採寸してきたというこだわりよう。グラスハンガーも通常ならステンレスを使用するところなのですが、オリジナルに合わせてウッドで作るなど材質にもこだわり、まるで「The WHITE HORSE」の来たかのような雰囲気を味わえるように配慮されているのが凄い!

テーブル席を見てみましょう。

XE200428

XE200422

窓際の席も、いい感じです。

XE200423

さて、皆さん、お待たせしました。そろそろ、ビールが飲みたいですよね。はい、こちらが、ハイバリーが誇るソーンブリッジのジャイプール IPA です。

XE200413

ハイバリーは、全部で11TAPのクラフトビールがあるのですが、中でも「Thornbridge(ソーンブリッジ)」は、常時4~5種類をON TAP。ソーンブリッジは、イギリスの伝統的なレシピを尊重しながら、世界中のビールのエッセンスを取り込み、透明感溢れるハイクオリティなビールをリリースし、高い評価を獲得しているブルワリーです。そして、安藤さんは、イギリスでのビール修行はソーンブリッジで積みました。その縁もあり、ハイバリーは、「Thornbridge Tokyo」という名称を名乗っても良いという許可を得たお店です。ジャイプールIPAは、 伝統的な英国スタイルに最大限の敬意を払いつつ、アメリカンなエッセンスをふわりと乗せた、実に美しい香りと苦みを兼ね備えたビールです。いやぁ、本当、ため息ができるほど美味しいんですよ。

ところで、ハイバリーは通常のTAP だけじゃありません。グラビティ(重力で注ぐ)なカスク(樽)があるんです。それが、カウンター裏のこのエイジングルーム。

XE200443-2

提供されるのは、常に1種類ですが、周りにはコンディショニング中のカスクが並んでいます。日本の環境においてイギリスのリアルエールを究極まで再現しようとしている意欲が凄い。ある意味、執念と言い換えてもいいぐらいです。

ここで、驚いていてはいけません。安藤さんは、飽くなき探究心の持ち主。ソーンブリッジ、カスクエールと来て、最後にとっておきのビールが2種類用意されています。それを注ぐのがこのTAP!

XE200533

なんと、このサーバー、チェコ製です。しかも、安藤さんが超めんどくさいカスタマイズをして作ったここにしかない、世界でただひとつのサーバーです。

作ったのは、「Pilsner Urquell Installer(ピルスナー ウルケル インストーラー)」 と呼ばれるチェコの会社「LUKR(ルクル)」です。ピルスナーの元祖と言われる「ピルスナー ウルケル」を世界中で美味しく提供するために存在する会社。しかも、このサーバー、安藤さんはチェコまで行って、自分の注文が反映されているか、確認して受け取ってきたそうです。なんという、こだわり。さぁ、このこだわりのサーバーで安藤さんが大好きだという「YEABISU(ヱビス)」を注いでもらいます。

XE200537

真剣勝負です!

出てきたヱビスがこれ。後ろでドヤ顔している安藤さん。

XE200485

飲んでみました。。。

思わず、空に向かって「うんま~~~~~~い!!!」と、叫んでしまいました。

もうね、言葉が「美味い!」しか出てこない上に、ヱビスビールが、どんどん喉に吸い込まれていくわけです。アルコールに弱くて、いつもゆっくりビールを飲む僕が、あっというまに飲み干してしまいました。恐ろしいマジック。

そして、もう一つのビールは、季節によって変わります。

夏期は、「サッポロ 生ビール黒ラベル」。

冬期は、ピルスナーの元祖にして王様。「Pilsner Urquell(ピルスナー ウルケル)。ハイバリーでは、チェコ語で「Plzeňský Prazdroj(ピルゼンスキー プラズドロイ)」と表示していますので、注文するときは「プラズドロイ」をください」がお約束。

夏期と冬期というのは、暑い季節は、、「サッポロ 生ビール黒ラベル」を提供し、寒い季節は、「プラズドロイ」を提供するとのことです。実際に切り替わる日程はお店に要確認。2016年は10月4日より、「プラズドロイ」に切り替わっています。

この原稿を書いている現在では、お見せできる、「プラズドロイ」の良い写真が無いのが残念ですが、近いうちに追加します。

ハイバリーは、他にも、熟成させるタイプのボトルビールを置いている部屋もあります。是非、ボトルビールも詳しいことを聞いてみてください。

ビールの話ばかりですが、料理も美味しいんです。例えば、こちら。水茄子のフリット。

XE200534

実に瑞々しくて、噛むと水茄子の本来の甘みがジュワッとやってきて、非常においしい一品。野菜は、季節によって、新鮮なものを仕入れているので、その日のメニューを楽しんでみてください。

 

「HIGHBURY – THE HOME OF BEER (ハイバリー ザ・ホーム・オブ・ビア) [新宿御苑前] 」は、ロンドンで有名パブである「The WHITE HORSE」の雰囲気が味わえて、イギリスのハイクオリティなビール「Thornbridge(ソーンブリッジ)」が4~5種類飲め、チェコで特注したサービングタップで注がれる「YEABISU」と「Plzeňský Prazdroj(ピルゼンスキー プラズドロイ)」が夢のように美味しいビアパブです。しっかりとコンディショニングされたカスクから注がれるエールも、ここでしか味わえない貴重なビール。フードも、旬の野菜を中心に、ひと味違うパブ料理をラインナップ。ほんの少しでも、ビールが好きな人は、是非、ハイバリーに行ってみましょう。すべてのビール好きに捧げる、究極のおすすめ店です。☆☆☆

360°パノラマ画像

HIGHBURY – THE HOME OF BEER (ハイバリー ザ・ホーム・オブ・ビア) [新宿御苑前] – Spherical Image – RICOH THETA

この画像をtheta360.comで見る

お店データ

HIGHBURY - THE HOME OF BEER (ハイバリー ザ・ホーム・オブ・ビア) 店舗情報
店名HIGHBURY - THE HOME OF BEER (ハイバリー ザ・ホーム・オブ・ビア)
TEL03-6273-2550
アクセス 丸ノ内線 新宿御苑前駅 徒歩2分
地下鉄新宿三丁目駅 徒歩7分
住所 東京都新宿区新宿1-17-5 1F
営業時間月曜〜金曜 15:00 - 23:00
土曜:13:00 - 23:00
日曜・祝日:13:00 - 21:00
定休日定休日無し(不定休あり)
公式/関連サイトhttp://highbury-international.com
ブログ
facebookhttps://www.facebook.com/highbury2016/
Twitter
食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13200476/
TAP数11
飲み比べセット無し
価格750円~
その他料金無し
支払い方法cash on delivery
カード支払い使用できない
総席数30席
禁煙/喫煙店内禁煙(屋外で喫煙可)
予約予約可
Wi-Fiあり
オープン時期2016/9/12
訪問2016/9/21
画像facebook ページの写真アルバム
訪問レポート
メモテーブル席の一部では、後で支払うことも可能です。

※お店のデータは取材時のものです。ご了承ください。

HIGHBURY - THE HOME OF BEER (ハイバリー ザ・ホーム・オブ・ビア) 地図

すべてのお店が分かる地図は以下のボタンをクリック

クラフトビール東京マップ - Google マップ

公式/関連サイト 画面キャプチャ&リンク

※画像をクリックするとWebサイトが閲覧できます。

http://highbury-international.com

写真アルバム

●下記の画像をクリックすると写真アルバムがご覧になれます。

https://www.facebook.com/craftbeer.tokyo/photos/?tab=album&album_id=1449083848438613

ビールメニュー

※ある日のメニューです。その日によって変わります。

ビールメニュー3

パンフレット

パンフレット


 

« »